なぜ漢字本は『大学入試漢字 TOP 2000』が最高なのか

いいずな書店の『大学入試漢字TOP2000』

 

※国語の記事です。僕(太田)は英語・国語の授業をしているので、大学受験生向けに国語についても書いていきたいと思います。

一昨年(2016年)の京大の現代文を読んでいたところ、キーワード本漢字本で思うところがでてきました。今回は漢字本についてです。

いいずな書店の『大学入試漢字TOP2000』超お勧め! と思ったその理由を書いてみます。

いいずな書店『大学入試漢字 TOP2000』

1.ヒット率最高

一昨年の京大の現代文、漢字問題で「シイ」(四囲)が出ていた(「四囲」は最近だと明治大学の漢字問題でも「シ囲」の「シ」は? という形で出ている)。

社会をやっていると目にする漢字だが、文脈があるとはいえ案外高校生には難しい漢字かもしれない。

個人的には漢字本は2000語以下が適量に思っている(それ以上やるくらいなら他の勉強をすることを勧める)。

2000語の範囲で僕が漢字本を書くなら「しい」は3つ載せる

「恣意・思惟・四囲」の3つだ(「シイ」の同音異義語は多いが、これ以上は出題率が低すぎるし、文脈があれば書けそうなので、4つ以上は過剰に思う)。

市販の漢字本だと「恣意」だけしか載せていない本が多いが、3つとも最近の漢字問題で出ているし、それ以前に現代文では「恣意」も「思惟」も意味を知らなければならない言葉だ。

3つそろって収録しているのは、いいずな書店の『TOP2000』と三省堂の『頻度順 入試漢字の総練習 』くらいで、2800入っている本でも大抵は「恣意」しか載せていない。予備校の先生が書いた気が利いた本だと「恣意」と「思惟」の2つのことが多い。

ここで『TOP2000』が、この年(’16年)の京大の漢字(書き)問題をどれくらいカバーしていたかを見てみよう。
参考にamazonでも人気の某書と比べてみる。

 
’16京大

TOP2000

某人気本

懸念
四囲 ×
絵空事 × ×
迫真 ×
行使 ×

『TOP2000』は「絵空事」以外全部載っていた。

京大の問題を見たあとで収録したのかもしれない?
では今年2018の東大の漢字(書き)問題を見てみよう(’18年京大は漢字問題を出していないので)。

’18 東大 TOP2000 某人気本
* **
隣接 ○  ×  
呼称 ○  ×  

すごい的中率だ

*「みもふたもない」で載っている。
**「蓋然」の読み問題で出ているが、「蓋然」(ガイゼン)を読めたからといって「ふた」が書けたかは疑問である。

ここまでヒット率の素晴らしさについて書いてきたが、実はヒット率については、僕はあまり重視していない。
的中したかどうかは年によってばらつきがあるだろうから、漢字本を選ぶ際にはもっと別の視点がある。
次のページからその話。

1

2 3 4

関連記事

  1. ポレポレ英文読解プロセス50

    ゾウはゾウでも彫像だ――ポレポレ英文読解プロセス50

  2. ポレポレ英文読解プロセス50

    ネイティブが『ポレポレ英文読解』を読むと…

  3. 『ポレポレ英文読解』のベストパートナー! 百式英単語【上級編…

カート

できるだけ早く欲しい製品は?[2つまで選択可]

[2つ選択可]

スマホで一緒に勉強しよう